自分の人間としての器の大きさで判断するに・・・

自分の人間としての器の大きさで判断するに・・・
Line

自分の人間としての器の大きさで判断するに・・・


自分の人間としての器の大きさで判断するに・・・

私の場合は、既に子供がいるのですが、もしダウン症だとわかっていたら「産まなかった」と思います。

独身の頃には子供にまったく興味がありませんでした。

例え、仲の良い友人の子供であっても同じです。

今は2児の母親になりましたが、生んでみたら、自分の子は可愛いと感じられたのでホッとしたものです。

実は、私は妊娠中にお腹の子がダウン症か否か知るために、検査を行いました。

主治医からリスクの説明も充分に受けましたが、やらずには居られませんでした。

自分の性格を知った上で判断するに、ダウン症の子を抱えた人生を想像すら出来なかったからです。

メンタルが弱いという弱点があるので、育つ前に私が挫けると考えました。

また、正直いえば、素直に愛情が持てるのかという疑問もありました。

自分の子は無条件で可愛いという言い分に、頷きかねたからです。

ダウン症の子のハンデは、人生を左右するほど大きなものです。

順番で言えば、私のほうが先になくなるかもしれない。

でも子供のほうが長く生きられないかもしれない。

こんなナーバスな事実に向き合う勇気は持ち合わせていないからです。

誕生後の子供の人生に責任を終えないかもしれないという懸念が1%でも存在するなら、生むのは無責任だと考えています。


妊活のための休業が話題になった鈴木おさむさんの奥さんの大島美幸さん(森三中)は人工授精で妊娠、ハリウッドスターのジュリア・ロバーツさんも不妊治療で双子を出産、トム・クルーズとの結婚・離婚でも知られるニコール・キッドマンさんは不妊治療の末、41歳で出産、タイタニックの主題歌で一躍知られるようになったセリーヌ・ディオンさんは保存しておいた凍結胚による体外受精で妊娠・出産した、天然キャラとして知られる西村知美さんは不妊治療をして流産した末に自然妊娠で出産、

Line

inserted by FC2 system